お金に絡むことをとりどめなくメモッていく。

個人事業主の消費税について

個人事業主になったら2年間は消費税免除になるとか。

納税・免税の条件

ひとまず、課税事業者の条件。

  • 2年前の課税売上高が1,000万円を超えた場合
  • 個人事業主の場合、2年前の課税売上高が1,000万円以下・1年前の1月1日から6月30日までの期間における課税売上高(又は給与等支払額)が1,000万円を超えた場合
  • 「消費税課税事業者選択届出書」を提出(提出期限は、前年の12月31日)

個人事業主になったときは、2年前の売上げが「0円」だし、1年前の6月30日までの売上げも「0円」だから必然的に免除される。

「消費税課税事業者選択届出書」を提出してまで消費税を払いたい人ってどういう人なんだろう?
仕入れで消費税も払っているから・・・それを控除してもらいたい人はこの届けを出すそうだ。つまり仕入れが多い人は課税事業者、仕入れが少ない人は免税事業者がベターってことかな?

免税事業者になる場合「消費税の納税義務者でなくなった旨の届出手続(国税庁)」というのが必要だとか。
これは・・・「消費税課税事業者選択届出書」を出した人が免税になりたいときなのか、毎年、無条件で必要なのかがよくわからない。

課税売上高

「課税売上高って何?」って思ったら「免税取引」と「課税取引」による売上げっぽい。

取引にはあと「不課税取引」「非課税取引」があるそうだ。

免税取引

外国が絡む取引っぽい。ざっくりというと下記のような感じだそうだ。

  • 日本から海外へ輸出・輸出物品販売場での売上げ。
  • 海外の居住者・法人へのサービス提供

課税取引

一般的な収入源だと思う。ざっくりというと下記のような感じだそうだ。

  • 国内での卸し・小売・サービス・飲食業
  • 国内での建設・製造・診療
  • 事務所・倉庫等の賃貸料・礼金・更新料収入
  • 青空を除く駐車場の賃貸料収入
  • 賃貸1ヶ月未満の居住用家屋・土地賃貸料収入
  • 車両・備品等の下取り含む売却収入

カテゴリー

検索

Feeds

  • 徒然:金関連 – メモる:再転寝のFeed

タグ

Copyright ©2014 メモる:再転寝 All rights reserved.